お客様がお使いのブラウザのバージョン、または設定では、このページを正しく表示できていない可能性があります。 最新のブラウザにバージョンアップしていただくか、スタイルシートを読み込む設定に変更していただくよう、お願い申し上げます。

フリーダイアル 0120-194-119 24時間年中無休 お問合せはコチラ

日本データ復旧サービスセンター(data119)は、データ復旧ソフトシェアNo.1の優れた復旧技術を持っています。さらに、最新のデータ復旧技術も駆使し、スピーディーなデータ復旧サービス(復旧・修復・データリカバリー)を提供いたしております。また、BCNランキングにおいて第1位を獲得するなど、各方面から非常に高い評価をいただいております。
※BCNランキング システム メンテナンス部門 メーカー別売上金額 第1位(2008年3月調べ)


誤操作によるディスクのフォーマット、FDISK、ファイルの削除等によるデータ喪失、 突然のディスクエラーによりアクセス不可に陥ってしまったハードディスク、フロッピーディスク、MOなどから、スピーディーにデータを復旧いたします。物理的に破壊されたディスクや、回路が電気的に破壊された障害にも対応いたします。なお、障害媒体から復旧したデータは、CD・DVDなどのメディアに格納し、ご返却いたします。


ハードディスクをはじめ、3.5インチFD、3.5インチMO、ZIP、CD、DVD-RAMや、スマートメディア、コンパクトフラッシュ、メモリースティック、SDメモリーカード、xDピクチャーカード、マイクロドライブ、Mini SD、Micro SD、USBメモリなど、各種メディアのデータを復旧いたします。また、Linux、RAIDサーバ機器にも対応いたします。


まずは、お電話にて診断いたします。データ復旧の可否、価格や復旧期間などについてお答えいたします。


復旧を希望する媒体、データ調査依頼書・不具合状況診断票などを、当センターまでご郵送ください。注)1 注)2

※媒体郵送にかかる送料はお客様負担とさせていただきます。


不具合状況診断票を元に初期調査を開始します。
初期調査結果報告と、お見積もりをご提示いたします。
初期調査、解体費用は無料です。


注文書をFAXにてご送信ください。
復旧費用を銀行振り込みにてお支払いください。注)3


調査結果を元にデータ復旧作業を行います。注)4


CD・DVDなどのメディアに復旧後のデータを格納し、お客様へお返しいたします。返送料はいただきません。注)5


  1. モニターサイズが20型以上の大型パソコンをご利用の場合、パソコン宅配サービスをご利用いただけない場合がございますので、ご注意ください。
  2. 調査依頼書・不具合状況診断票のダウンロード
  3. 佐川急便様の「e-コレクト」代引きサービスをお選びいただくと、現金、クレジットカード、デビットカードもご利用いただけます。
  4. データ復旧作業は、お預かりした媒体からデータを救出し、CD・DVDなどのメディアに復旧後のデータを格納してお返しするサービスです。故障原因の解明及び媒体の修理はいたしません。
  5. 復旧作業を行わなかった場合、送料はお客様のご負担となります。

復旧を希望する媒体と、申込書(調査依頼書・不具合状況診断票)を、当センターまでご郵送ください。

※トラブル発生後は、できるだけパソコンを操作せずに当センターにご相談ください。
  ご質問・ご相談はコチラ »  





※配送にご利用いただいた箱等は当センターで処分する場合がございます。処分してもかまわない箱等でお送り下さい。


以下の料金表は中度の障害の場合の目安を掲載しています。(障害の度合については「障害度合の分類表」をご参照ください。)料金(復旧費用)は、ハードディスクの容量や作業工数に基づいて、お見積りいたします。詳細な作業料金は調査未実施の段階では判りかねます。なお、データを復旧できない場合は作業料金はいただきせん。


ハードディスクなどの復旧費用の目安(中度の障害の場合)
データ容量復旧費用の目安
20GB60,000円~140,000円
40GB65,000円~150,000円
80GB70,000円~160,000円
160GB80,000円~200,000円
250GB85,000円~240,000円

フラッシュメモリ・メディアなどの復旧費用の目安(中度の障害の場合)
データ容量復旧費用の目安
64MBまで20,000円~65,000円
512MBまで25,000円~70,000円
1GBまで30,000円~75,000円
2GBまで35,000円~80,000円
  • お見積もりさせていただいた後、データ復旧が可能である場合に復旧作業をキャンセルされますと、手数料として1万円を申し受けております。(解体費用5千円、手数料5千円を、佐川急便の代引きサービスにて、媒体返却時にご請求させていただきます。なお、ハードディスクのみをお送りいただいたお客様でキャンセルされる場合は、手数料5千円をご請求させていただきます。)

障害度合の分類表
軽度の障害軽度の認識障害や軽度のファイル情報消失など、短時間で復元作業が見込める状況。
中度の障害ファイル情報の消失やウィルスによる障害、OS障害など、作業時間が少しかかる程度の状況。
重度の障害複合的にトラブルが発生していたり、異常値を検出しデータ回収が非常に困難な状況。また復元作業に長時間を必要とする状況。
重度以上の障害
(物理障害)
記録媒体に物理的な破損や障害がある状況。⇒クリーンルームでの分解調査(物理調査)を必要とします。