日本データ復旧サービスセンターの「Data119」は、日本のデータ復元のパイオニア企業が提供する信頼のサービスです。

AOSリーガルテック株式会社
ホーム > 物理障害復旧サービス

物理障害復旧サービス

復旧サービスメニューを見る
物理障害とは? 
ハードディスクなどが物理的、機械的に壊れてしまって、データにアクセスできない状態を「物理障害」といいます。



■物理障害のよくある現象、事例
  • パソコン上でディスクが見えない(HDDなどが認識されなくなった)
  • ハードディスクから「カチカチ」「ギー」などの異音が聞こえる
  • 電源を入れると焦げ臭い。
  • FDISKをかけてしまった
  • 水没、落下、火災などの後にディスクが異常になった

これ以外にも突然ディスクにアクセスできなくなった時などは、物理障害の可能性があります。
*多くの場合、物理障害であるかどうかは初期調査(診断)を行うまで判別できません。
このページのトップへ

データが消えた!? そんなときの対応のコツ(物理障害の対処法)
データが消えた!? そんなときの対応のコツ(物理障害の対処法)
できるだけ早く、操作を中止しましょう
  • パソコンやディスクの操作を続けていると、データ被害が拡大する危険があります。
  • ディスクから異常音がする場合は、電源のオンオフや電源を入れたままにするだけで、さらに損傷が広がります。

信頼できるデータ復旧の専門家に相談しましょう
当センターに電話、またはウェブサイトのフォームでご連絡ください。
データを取り戻せる可能性、費用などについてご案内いたします。
  • 「物理障害かどうか?」「障害の程度は?」などは、専門家でも、媒体をお預かりして調査するまでは正確には判断できません。
  • ご自分で復旧作業を試みるうちに、復旧不能になってしまう例が多数みられます。
    まずは専門家にご相談ください。

調査を依頼
特に物理障害の場合は、初期調査(状況診断)のステップが大変重要です。
できるだけ経験・実績の豊かな復旧業者に作業を依頼してください。
  • 初期調査を依頼する前に、経験、設備、知識などについて質問することをお勧めします。
  • 過去の経験、成功実績は、非常に重要なポイントとなります。
  • 最初に不用意な処置を行うと、その後からはデータ復旧が不可能となる危険があります。
このページのトップへ

各メーカーと正式に提携。物理障害の成功例も豊富で安心です。
日本データ復旧サービスセンターの「Data119(データイチイチキュー)」は、日本におけるデータ復元のパイオニアです。

これまでに、研究機関、官公庁、企業、個人など多くの皆様の貴重なデータを復旧した技術と実績があり、多数のパソコンメーカー様、ハードディスクメーカー様と提携してサービスを提供しています。

物理障害からのデータ復旧は、成功実績が豊富なData119にご相談ください。 法人や官公庁のお客様で、秘密保持契約、見積り、納品などに規定がある場合も、柔軟に対応いたします。

24時間・年中無休 見積り無料!ご質問・ご相談もお気軽に!フリーダイアル 0120-194-119
ウェブからのお問合せはこちら
このページのトップへ

ハードディスクはデリケート。専用クリーンルームで扱います。
ハードディスクはデリケート。専用クリーンルームで扱います。物理障害のデータ復旧作業では、専用のクリーンルームにて作業を行います。ハードディスクを分解して調査する場合、髪の毛より小さなダストでさえ復旧の障害となってしまいます。

日本データ復旧サービスセンターでは、目に見えない微小なホコリも排除可能な専用クリーンルームで作業をいたします。


詳しくはコチラ»「物理障害のデータ復旧作業について」

このページのトップへ

強固なセキュリティ! 安心してデータをお預けください。
強固なセキュリティ! 安心してデータをお預けください。お客様の重要データは、何重にもセキュリティ対策を実施した環境で取り扱います。
大切な企業秘密や個人情報のデータ復旧も、安心してお任せください。

  • 社員の入退室はIDとキーで24時間管理、記録されます。
  • 休日、早朝夜間にもビル入り口は警備されており、部外者は侵入できません。
  • フロア内には、入り口、通路、机をくまなく監視するセキュリティカメラが設置されています。
  • 調査・復元のためにお客様の媒体を接続する機器には、すべての操作・作業状況を記録する監視ツールを導入済み。 万一、データのコピー、情報の持ち出し、印刷など不審な行為が行われても、すべてが自動でチェックされます。
  • お客様の個人情報などが記録された書類、CD-ROMなどは、すべて作業完了後に粉砕処理しています。

*作業環境を一定水準に保持するため、またセキュリティ上の観点から、作業風景の一般公開はいたしておりませんのでご了承ください。
このページのトップへ

■ 物理障害のデータ復旧の流れ 
1.お問合せ・お申込み
電話でお問合せ 0120-194-119
ウェブサイトからお問合せ
24時間体勢で弊社オペレータースタッフが受付(年中無休/年末年始を除く)しておりますので、電話かウェブサイトのお問合せフォームにてお気軽にお問合せください。

お申込みの際は、「障害の発生した媒体(パソコン・ハードディスク・メモリーカード等)」に「申込書」を同封の上、ご郵送ください。年中無休で受付・データ救出作業を行っておりますので、土日祝日でも受け取り可能です。
2.初期調査 (無料)
お預かりした媒体は専門技術者が専用クリーンルームで調査し、復旧可能性などを診断します。
3.結果報告 (物理調査についてご案内)
結果報告 (物理調査についてご案内)1)調査でディスクの物理的破損が判明した場合は、お客様にご報告と同時に「物理障害」について丁寧にご説明します。  

2)次に「物理調査」(有料)をするか、データ復旧はあきらめて作業を中止するか、ここで決めることができます。
(ここで物理調査に進まずキャンセルしても、料金は発生しません)
4.物理調査 (分解調査)
物理調査 (分解調査)お客様からのご依頼を受けて、物理調査に進みます。
物理調査では、ハードディスクなどの媒体の処置は、調査から復元まで一環して専用クリーンルーム内で行います。必要に応じて、パーツの一時交換、内部洗浄、顕微鏡を用いた検査などを行い、復旧の可能性を調査します。
5.物理調査の結果報告
1)調査結果をご報告します。
2)復旧するデータ量や作業難易度などをもとに、復旧費用のお見積り」をご案内します。   
*救出可能なデータの中から、必要なデータを指定(フォルダ単位)していただけます。
6.物理障害データ復旧作業
物理障害データ復旧作業専用機器を用いて、クリーンルーム内で復旧作業を実施します。
大体5~7日程度で完了いたします。

7.ご返却
ご返却お客様からお預かりした媒体と、復元したデータを格納したメディア(CD、DVD、HDなど)をお送りします。

このページのトップへ

■ データ復旧料金 (物理障害)
物理的、機械的に壊れてしまったハードディスクや各種メディアからデータを取り出す場合の、調査や復旧にかかる費用の目安をご案内します。

物理障害の料金はコチラ
このページのトップへ


データ喪失 2つの原因
ファイル削除(誤消去)、フォーマット、OS障害、ウイルス被害などによるトラブル

ハードディスクが機械的、電気的に故障したことによるトラブル。データ復旧には専門設備が必要です。
AOSのデータ復旧が選ばれる3つの理由 RAID/NAS30%OFF ビジネスパートナー募集 データ復旧ご利用のお客様限定!バックアップセット スマホ復旧 ハードディスクとは 復旧データの入戻し方法 データ復旧率94%! お客様事例集 データに関するトラブル対策集 Datawiki.jp データ喪失の原因
企業の訴訟リスクをフォレンジック技術で支援します 国際訴訟支援サービス FSS.jp
Winny調査、P2P検知
ファイル共有ソフト検知、履歴調査など。各種製品・サービス

情報漏えい、不正侵入調査
ボットネット、SQLインジェクション、履歴復元など、各種データ調査
弁護士とフォレンジック専門家による証拠データ有効活用のアドバイス フォレンジック法律コンサルティング eLaw.jp