日本データ復旧サービスセンターの「Data119」は、日本のデータ復元のパイオニア企業が提供する信頼のサービスです。

AOSリーガルテック株式会社
ホーム > 論理障害復旧サービス

論理障害復旧サービス

復旧サービスメニューを見る
論理障害とは? 
操作ミス・ウイルス感染などが原因で、パソコンやサーバー、デジタルカメラなどのデータが急に消えたり開けなくなったりすることがあります。これを「論理障害」といい、日本データ復旧センターでは、論理障害で喪失したデジタルデータを救出・復元するデータ復元サービスを提供します。
ハードディスク、RAID、NAS、外付けHDD、MO、USBメモリー、フラッシュメモリー、SDカードなど多くのメディアから、見えなくなったデータ、消えたデータを取り戻します。


■論理障害のよくある現象、事例
  • パソコンが起動しなくなった
  • ファイルやフォルダを削除、ゴミ箱も空にしてしまった
  • ディスクを誤ってフォーマットした
  • FDISKをかけてしまった
  • ドライブが見えない/正しく認識されない
  • コピー・移動したはずのファイルが保存されていない
  • エラーメッセージが出て、正常に起動できない
  • パーティションを誤って開放してしまった
  • フォーマットされていませんと表示される
  • ファイルシステムの損傷・異常
  • ウィルスによる障害
  • ソフトウェア異常による障害

■論理障害のエラーやメッセージの例 
論理障害のエラーやメッセージの例 「Operating System not found」と表示されて、パソコンが起動しない
論理障害のエラーやメッセージの例 「セーフ」モードでも起動できない

論理障害のエラーやメッセージの例 「Blue Screen」になってしまう
論理障害のエラーやメッセージの例 「Check Disk」が走る。※データが壊れる可能性がありますので、至急「Esc」キーを押すか、場所によっては電源を切ってください。

このページのトップへ

データが消えた!? そんなときの対応のコツ(論理障害の対処法)
データが消えた!? そんなときの対応のコツ(論理障害の対処法)
できるだけ早く、操作を中止しましょう
データが入っていたドライブ(コンピュータのC:ドライブ、デジカメのメモリーなど)を操作しつづけていると、消えてしまったデータを破壊して、データ復旧できなくなる危険があります。

信頼できるデータ復旧の専門家に相談しましょう
ご自分で修復を試みることで、さらに状況が悪化することがあります。

  • 異状が起きてからスキャンディスク、デフラグ、ファイルの上書きなどを行うと、復元の可能性が著しく低下しますのでご注意ください。
  • 「急にパソコンが起動しなくなった」「ディスクが認識されない」などのトラブルは、物理障害かもしれません。
    まずは、経験豊富な日本データ復旧サービスセンターにご相談ください。対処法、データを取り戻せる可能性、費用などについてご案内します。
  • 最初に不用意な処置を行うと、その後からはデータ復旧が不可能となる危険があります。重要なデータの場合、自己判断での対応は非常に危険ですのでおやめください。
24時間・年中無休 見積り無料!ご質問・ご相談もお気軽に!フリーダイアル 0120-194-119
ウェブからのお問合せはこちら

各メーカーと正式に提携。物理障害の成功例も豊富で安心です。
日本データ復旧サービスセンターの「Data119(データイチイチキュー)」は、日本におけるデータ復元のパイオニアです。

これまでに、研究機関、官公庁、企業、個人など多くの皆様の貴重なデータを復旧した技術と実績があり、多数のパソコンメーカー様、ハードディスクメーカー様と提携してサービスを提供しています。

論理障害からのデータ復旧は、成功実績が豊富なData119にご相談ください。 法人や官公庁のお客様で、秘密保持契約、見積り、納品などに規定がある場合も、柔軟に対応いたします。
このページのトップへ

強固なセキュリティ! 安心してデータをお預けください。
強固なセキュリティ! 安心してデータをお預けください。お客様の重要データは、何重にもセキュリティ対策を実施した環境で取り扱います。
大切な企業秘密や個人情報のデータ復旧も、安心してお任せください。

  • 社員の入退室はIDとキーで24時間管理、記録されます。
  • 休日、早朝夜間にもビル入り口は警備されており、部外者は侵入できません。
  • フロア内には、入り口、通路、机をくまなく監視するセキュリティカメラが設置されています。
  • 調査・復元のためにお客様の媒体を接続する機器には、すべての操作・作業状況を記録する監視ツールを導入済み。 万一、データのコピー、情報の持ち出し、印刷など不審な行為が行われても、すべてが自動でチェックされます。
  • お客様の個人情報などが記録された書類、CD-ROMなどは、すべて作業完了後に粉砕処理しています。

*作業環境を一定水準に保持するため、またセキュリティ上の観点から、作業風景の一般公開はいたしておりませんのでご了承ください。
このページのトップへ

■ データ復旧料金 (論理障害)
操作ミス、ソフト的エラーなどで消えたり開けなくなったりしたデータをHDD等から救出する、論理障害のデータ復旧費用の目安をご案内します。
このページのトップへ


データ喪失 2つの原因
ファイル削除(誤消去)、フォーマット、OS障害、ウイルス被害などによるトラブル

ハードディスクが機械的、電気的に故障したことによるトラブル。データ復旧には専門設備が必要です。
AOSのデータ復旧が選ばれる3つの理由 RAID/NAS30%OFF ビジネスパートナー募集 データ復旧ご利用のお客様限定!バックアップセット スマホ復旧 ハードディスクとは 復旧データの入戻し方法 データ復旧率94%! お客様事例集 データに関するトラブル対策集 Datawiki.jp データ喪失の原因
企業の訴訟リスクをフォレンジック技術で支援します 国際訴訟支援サービス FSS.jp
Winny調査、P2P検知
ファイル共有ソフト検知、履歴調査など。各種製品・サービス

情報漏えい、不正侵入調査
ボットネット、SQLインジェクション、履歴復元など、各種データ調査
弁護士とフォレンジック専門家による証拠データ有効活用のアドバイス フォレンジック法律コンサルティング eLaw.jp