SolarisやLinux、BSD等のUNIX系データを復旧

AOSリーガルテック株式会社
ホーム > サービス >  UNIX(Linux / Solaris他)復旧サービス
UNIX(Linux / Solaris他)復旧サービス 

UNIX(Linux / Solaris他)復旧サービスとは?

業界トップクラスの技術力で、SolarisやLinux、BSD等のUNIX系データを復旧いたします。
大手企業、官公庁、大学、研究機関から個人のお客様まで、大切なデータを復旧して参りました。
BUFFALO、IO-DATA、LogitecなどのRAID構成NAS・ストレージなど、各種サーバー機器やシステムにも幅広く対応しております。
UNIXのデータ復旧は、技術と実績豊富な「日本データ復旧サービスセンター」にお任せください。

■ こんな場合に、ご相談ください
  • rmコマンドで誤って削除してしまったファイルやディレクトリを復元
  • newfs、mke2fsなどで、誤フォーマットしてしまったデータを復旧
  • アクセス不能になったデータの救出
  • メーカーで「修理すると中身が消える」といわれたHDDからのデータ救出
  • 機械的に破損した(物理障害)ディスクからのデータ復旧
*障害程度やデータの状態によって、所要時間、復旧の可能性は異なります。

■ 対応OS
  • Solaris( 2.5.1 / 2.6 / 7 / 8 / 9 など)
  • Linux(RedHat Linux、Turbo Linux、Vine Linuxなど)
  • その他、BSD、HP-UXなど

■ 対応ファイルシステム
ext2、ext3、ReiserFS、XFS、UFSなど。

*復旧可能なOSやファイルシステムについて、詳しくはお問合せください。

■ 料金
初期調査費用 24,000円 → 無料!
(*お申し込み時、ホームページを見たとお伝えください。)

申込書(PDF)をダウンロードする WEBからお申し込み
送付先  〒105-0001 
        東京都港区虎ノ門5-1-5 メトロシティ神谷町5F 
        日本データ復旧サービスセンター TEL 0120-194-119
24時間・年中無休 見積り無料!ご質問・ご相談もお気軽に!フリーダイアル 0120-194-119
ウェブからのお問合せはこちら


データ喪失 2つの原因
ファイル削除(誤消去)、フォーマット、OS障害、ウイルス被害などによるトラブル

ハードディスクが機械的、電気的に故障したことによるトラブル。データ復旧には専門設備が必要です。

AOSのデータ復旧が選ばれる3つの理由 RAID/NAS30%OFF ビジネスパートナー募集 データ復旧ご利用のお客様限定!バックアップセット スマホ復旧 ハードディスクとは 復旧データの入戻し方法 データ復旧率94%! お客様事例集 データに関するトラブル対策集 Datawiki.jp データ喪失の原因
企業の訴訟リスクをフォレンジック技術で支援します 国際訴訟支援サービス FSS.jp
Winny調査、P2P検知
ファイル共有ソフト検知、履歴調査など。各種製品・サービス

情報漏えい、不正侵入調査
ボットネット、SQLインジェクション、履歴復元など、各種データ調査
弁護士とフォレンジック専門家による証拠データ有効活用のアドバイス フォレンジック法律コンサルティング eLaw.jp